3Hの生活 

トリプルエイチのセイカツ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

トンカツ 伊勢

 自分のブログを振り返ってみたら、
 あまりにも更新頻度が遅いので、
(ブログ更新しない→ネタが無い→つまらない毎日
 →生きてる意味がな・・うわぁぁあぁあああ!)
 という思考に陥り、もうちょっと更新頻度を上げる
 ことにしました。
 
 面白そげにブログを書く事によって、
 自分の人生は有意義だと、自分自身をごまかす作戦です。
 (って言っちゃってるで駄目じゃんね。)

 っていうのはまぁ、言い過ぎとして。
 更新頻度が低いのは本当なので、
 LOMOでとった写真もだいぶ溜まってきたことだし、
 ちょこちょこブログに載せていこうかな、
 と思う次第です。

 とりあえず、先日行った新宿近くのトンカツ屋さん。
101010_1507~01.jpg

 オフィスビルの中にあるトンカツ屋さんなので、
 私が行った日曜日はガラガラでした。

 そのガラガラ具合に一瞬、「あれ?ダイジョブかな?」
 思いましたが、運ばれてきたカツを食べてみると、
 ウマい!美味しい!

 私が頼んだのは、重ねカツという
 薄いロースを重ねたものを揚げてあるカツで、
 キムカツのような感じ。

 これが美味しかった。衣もサクっと、そして
 噛むと肉汁たっぷりでジューシー。
 キムカツに劣らない美味しさ!
 全体的な量も、写真だと小さく見えるけど、
 意外に厚みがあるのでボリューミーでした。

 そして、一番素晴らしいと思ったのがコストパフォーマンス。
 これで880円でした。
 キムカツよりだいぶ安い。
 なのに劣らない美味しさ。
 やばいぜ、これは。
 近所にあったら毎日ランチ行っちゃうぜ。
 
 いやいや、このオフィスビルで働いてる
 リーマンが羨ましいですね。
 
 それにしたって、美味しいトンカツは幸せの味。
 (不味いトンカツは食った瞬間に殺意がわくが。)
 これが無くっちゃ生きてはいけません。
 とか思いつつ、ブログを綴っていたら、
 今日のウチくるで戦場カメラマン渡辺陽一さんが
 海外から帰ってきたら必ずトンカツを食べると
 言っていた。

 渡辺さん!同志だね!!
 
お食事(お店) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ザギンdeシースー

 お食事券なるものを頂き、sesamiと二人で
 行ってきました。
 私の夢の国、ワンダーランド、銀座・久兵衛へ!!!

 死ぬまでに一度は行ってみたかった!
 寿司の名店、老舗中の老舗。
 それがこんなに早く夢が叶うなんて!
 生きてて良かった!っていうかもう死んでもいい!
 いややっぱ、まだ死にたくない!

 ありがとう、神様!ありがとう、チケットくれた方!
 Ilove SUSHIー!!
 だって日本人だもの☆

 高級な寿司を食べつけていない私にとって、
 久兵衛の寿司はまさに、人生初体験の美味しさ!
 久兵衛の味はこうだ!という方向性がピンと見える
 寿司でした。

 いやーもう、握りを口に含んだ瞬間は、
 味王様(ミスター味っ子)のような気持ち。
 「うーまーいーっっ!!」って宇宙まで飛んでくような。
 
 やはり、味に一番感動したのだけれど、
 その次にサービスの細かさや
 板前さんの握る動きの綺麗さや
 内装の美しさに驚きました。
 最初の一貫目を出した後、
 シャリの大きさや味付けの濃さについて
 ちょうど良いか聞いてくれるという気遣いも。
 
 調理場の中も、まな板の上もただ清潔、綺麗というのではなく、
 鑑賞に耐えうるようにすべてが配置されている。
 さすがだ・・。

 最初の中トロから、最後の穴子まで
 (穴子は塩とタレ両方食べたが、どちらも絶品。)
 もっというと、最後のお漬け物まで、
 完成された味があって、本当に美味しかった!

 食べ終えて出るときに、板前さんが笑顔で
 「これを機会に、今後ともどうぞご贔屓に!」
 と言ってくれました。
 うん、お食事券でこんなに立派な握りを食べさせて
 くれたのは、久兵衛の心意気でもあるんだな、と納得。

 そして、帰りに渡されたお品書きを見てみると、
 ランチは思っていたよりお高いお値段ではありませんでした。

 一番安い握りのコースで4000円。
 もちろん、庶民の私からしてみたら、けして安くはないですが、
 普通のフレンチでもワインを開けると1万飛んでしまう時もある。
 それを考えると、あんなに美味しい握りを食べられて
 5000円以下(ドリンク代含む)ですむというのは
 結構リーズナブル何じゃないだろうか。
 そんなふうに思いました。
 まぁ、これは私が酒好きではないからかもしれませんが。
 
 コースの詳細な値段は久兵衛のHPにあるので、
 気になった方は一度見てみると面白いかも。
 人それぞれかとは思いますが、
 「あ、これくらいなんだー。」と思う人も多いのでは。

 久兵衛といえば老舗だし、すごく敷居が高いイメージがあった
 けれど、板前さんは気さくだし、
 値段もそこまで敷居が高くなかった。
 美味しかったこと、そういう嬉しい発見があったことで、
 久兵衛を出るときはもう空を飛べそうなくらい
 幸せな気分でした。

 んー、食いしんぼで良かった!
 寿司が好きで良かった!
 ここまで人を幸せに出来る食べ物の力と久兵衛ってすごい、
 そう思ったランチでした。  

お食事(お店) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
Twitter
SPONSORED LINKS